Passive Climatic Chart

パッシブ気候図 (Passive Climatic Chart)

建設地の気候は計画する建物に大きく影響を与え、気候は人の感覚と大きく関係し、常に連続的に変化します。快適な建築空間を構築するには、夏期、冬期だけでなく中間期を含めた連続的変化を計画に反映することが重要です。パッシブ気候図は、全国842地点の気候変動を直感的に、連続的に確認できます。4つの気候要素(外気温・日射量・風向風速・湿度)から季節と時刻を連続的に、また各要素間を関係づけて把握できます。建設地の年間の傾向の把握や、室内環境をシミュレーションする際、検討する時期を絞り込むのに有効です。

各地のパッシブ気候図は4つの気候要素(外気温・日射量・風向風速・湿度)から成り立ちます。
各気候要素は、横軸に季節、縦軸に時刻を表し、同じ季節や時刻といった形で気候要素間を横断し確認します。等値線と色により感覚的に把握できます。

このパッシブ気候図は、2019 年グッドデザイン賞を受賞しました!
受賞対象名:住宅設計支援ツール [ パッシブ気候図(パッシブクリマティックチャート)

ダウンロード

47都道府県の主要都市のパッシブ気候図がダウンロードできます。

“47都道府県の主要都市のパッシブ気候図” をダウンロード – 246 回のダウンロード –

購入

全地点(日本全国)のデータは地域ごとに、現在、Amazonでkindle版を販売中です。
北海道版   東北・関東版  中部・近畿版  中国・四国・九州版


※追記:2019.5.20 サービス終了に伴い、DLMarketでの販売は終了いたしました。

開発元

神戸芸術工科大学 名誉教授 小玉祐一郎
LEAD Labo. 武政孝治
(株)クアトロ